リサイクル事業


土に還す科学により地球環境を守っていく
この責務を果たしていくため、IWDは今、この瞬間も
廃棄物処理のあるべき姿を模索している

プロの目で廃棄物を選別し、リサイクル処理を行う~中間処理〜

建築現場で回収した産業廃棄物は、当社の中間処理施設に運ばれていきます。

ここでは、廃プラスチック類やガラスくず、コンクリートくずやがれき類、木くず、金属くずなどを受け入れており、産業廃棄物が運ばれてきた時点では、さまざまな品目が混ざった「混合廃棄物」の状態です。
まずは、搬入されてきた廃棄物を選別してリサイクル可能かどうかを判別していきます。

風力選別機などの施設はもちろん、作業員の手による選別も行って再資源化の可否を見極めていきます。

当社は、神奈川県海老名市と千葉県白井市、そして、栃木県那須塩原市に中間処理施設を所有しており、搬入から選別、処理、搬出までの工程をスムーズに行えるレイアウトを構築しています。

ここで働くスタッフは、常に「いかに廃棄物をリサイクルしていくか」について検討しており、環境に対する高い意識と使命感を抱いて、仕事に取り組んでいます。

循環型社会を目指して~土に還す科学~

このように、IWDの「建設廃棄物処理トータルマネジメントシステム」は、建築現場や中間処理、再資源化や最終処分など、さまざまな工程を経て完成いたします。

どの工程においても共通していえるのは、すべてのスタッフが力を合わせ、地球の資源を守るために尽力しているということ。人間が人工的につくったものを、人間の力によって土に還していく。この、「土に還す科学」こそが、当社ならではの取り組みであり、今後も変わらずに私たちが取り組んでいくテーマなのです。

IWDグループリサイクル・環境改善事業体

“再生利用”の取り組みが、地球の未来を守っていく。

  • 廃コンクリートから再生道路路盤材製造  ⇒ IWD RC栃木工場
  • 食品残渣から飼料製造          ⇒ IWDアグリ 佐倉工場