会社方針


建設廃棄物処理のトータルマネジメントシステム

IWDは1987年の設立以来、産業廃棄物の収集・処理技術の実績を積み重ね【建設廃棄物処理のトータルマネジメントシステム】という独自のシステムを確立し、建築物の解体から産業廃棄物の最終処分・再生利用までの一連の流れを当グループですべて担ってまいりました。

建設廃棄物を処理する流れは、建築物の解体工事の現場や建築現場からスタートします。

その後、廃棄物を搬出。当社の神奈川工場・千葉工場に運んで、廃棄物を選別・破砕などの中間処理を行います。そして【リサイクル可能なもの】例えば、コンクリートがらは、路盤材としてリサイクルされております。

gaiyou_midimage

リサイクルが不可能なものについては、自社グループが所有する最終処分場に降ろし、不適合物検査を行った上で安全に埋め立てていきます。

産業廃棄物処理のあるべき姿

日本では、年々、環境問題に対する関心が高まっており、多くの企業が産業廃棄物処理のあるべき方法について検討していますが、当グループの建設廃棄物処理トータルマネジメントシステムは、再生処理・最終処分までを自社グループが一貫して行っており、数多くの企業様から「安全・環境・技術」の面で厚い信頼をいただいております。
建設廃棄物の回収・処理・再生という事業を通じて、数多くの企業様のお役に立ち、さらには地球環境の活性化に貢献させていただいております。今後も、より多くの建設廃棄物を再資源化・エネルギー化していくことで、地球の資源を生かし続ける【循環型社会】の実現に向けて全力を尽くしていきます。